二重の整形は費用と出来を考慮して選ぶ~印象アップの二重まぶた~

喜ぶ女性

糸で縫い合わせる

人差し指をだす医師

少し野暮ったい印象を人に与えてしまう一重まぶたを、ぱっちりときれいな二重まぶたに変えることができるのが二重の美容整形です。美しい見た目を手に入れるために美容整形を利用する女性のなかでも利用数が非常に多いのがこの二重術です。二重まぶたにする施術は、さりげない変化ですが、目元の印象をしっかり変えることができるため、多くの一重まぶたの女性がこの施術を受けているのです。
そんな二重術には、さまざまなタイプの施術があります。どの施術がその人に適しているか、その人がどのタイプの仕上がりを望んでいるかによって施術が選択されますが、いくつかの施術の合わせ技を行うこともあるようです。
なかでも代表的なものが埋没法で、二重にしたい女性の多くの割合がこの埋没法を選択しています。

埋没法はプチ整形に分類される施術で、基本的にはメスを使用しません。糸を通す必要があるため、その糸を通すための傷口を少しだけ切る必要がありますが、至近距離にまで寄って見なければわからないレベルの傷しかつきません。このようにメスを使用しないことからお手軽感があり、二重術を試すのであればまずは埋没法から、というように美容整形の入り口的な存在にもなっています。
埋没法では、針と糸を使い、一重まぶたを縫い合わせていきます。一重まぶたにもタイプがあり、一重まぶたかとおもいきや奥二重だった、なんていうパターンもあります。そのタイプによっては、残念ながら埋没法が適さない場合もあるでしょう。
埋没法の施術を行う際は、事前のカウンセリングにて決定した分の糸を留めていきます。一点留め、二点留め、四点留めなどがあり、個数が増えていくごとにしっかりした二重まぶたを作ることができますが、その分費用も増えていきます。

埋没法の費用は、およそ10万円前後だと考えることができます。もちろん、片目だけ施術をするということはないので、これは両目を合わせた金額です。ただし、美容外科や何点留めにするかによっても費用は変わってきます。一点留めなど少ない方法であれば、費用は10万円をゆうに切りますし、四点留めや六点留めなどになってくると10万円を超えることもあります。
何点留めにすれば自然な二重まぶたを実現できるのか、というのは人によって変わってきますので、事前の医師とのカウンセリングをしっかり詰めるようにしましょう。その際は、アフターケアについてもしっかり聞いておくことが大切です。埋没法は多少の腫れが出ることがありますが、場合によっては大きく腫れることもまれにあります。また、数年経つと糸が切れて二重まぶたが一重に戻ってしまうということもあるでしょう。こういった場合のアフターケアを無料で行ってくれるかどうかなどを確認しておくことも、費用をできるだけ抑えるためには大切です。